【子どものオンライン英会話】フィリピン人の英語は訛ってる?ネイティブ講師にすべき?

しげる
  • 料金が高くてもネイティブの先生を選ぶべき?
  • フィリピン英語は訛りがあるって聞いたけど大丈夫なの?
  • 安くネイティブのレッスン受けられるスクールはある?

せっかくオンライン英会話をやるなら、正しい発音を身に着けさせたいのが親心。

でも、ネイティブ講師だと料金高いんですよね

本記事では、ネイティブ講師とフィリピン人講師について、以下の5点を詳しく解説します。

最後まで読めば、お子さんにネイティブ講師かフィリピン講師か、納得した上で決断できます

この記事の結論

フィリピン人の英語に訛りはある。しかし、子どものオンライン英会話はフィリピン人講師でOK

理由は主に4つ。

  • フィリピン人は英語が上手
  • 明るく、子どもの扱いが上手
  • 世界の英語の3/4はネイティブではない
  • 値段を抑えてレッスン数を増やすべき
しげる
しげる
元英語教師 & 二次の父
Profile
約1,500人の小・中学生を指導。英語が得意な子の共通点を知る。TOEIC895点取得。娘と息子で15社以上のオンライン英会話を有料会員として経験。
娘(小2)→英検4級(中2レベル)/息子(年長)→英検Jr.ゴールド72点(小6レベル)

プロフィールを読む

フィリピン人の発音は訛りはある

フィリピン英語に訛りはあります。
しかし、「訛りがあるからダメ」ということではありません

文部科学省から出ている英語教育の資料によると、英語を母語とする人口(ネイティブスピーカー)は世界で4億人しかいません。

英語を話す人は世界で約15億人と言われているので、ネイティブの割合は1/4程度となります。

つまり、世界の英語話者のうち、3/4は非ネイティブスピーカーということです。

様々な国で話されている以上、それぞれの国に英語の訛りは付き物です。

ネイティブのオーストラリア英語だって、アメリカ人からしたら訛って聞こえます。

国によってどれくらいの差があるのか、試しに、

  • アメリカ英語
  • フィリピン英語
  • オーストラリア英語

を聴き比べてください。

英語に関する仕事をしていたり、留学経験のある人はこれを聞いて訛りを感じるかも知れません。

当然、人によっても発音の上手い・下手はあります。フィリピン人の発音の差は、下の動画を参考にしてください。

格安の子ども向けオンライン英会話スクールの場合、ほとんどの先生は動画の「一般的なフィリピン英語」くらいの発音です

Global Step AcademyNovakid(ノバキッド)など、料金設定が高めのスクールではほとんどのフィリピン人がネイティブ並み。

うちの子の英語が訛ったらヤダな

フィリピン英語しか聴き取れなくなったらどうしよう

という不安は、実はかなりレベルの高い心配です。

フィリピン人の英語は、日本人の英語上級者よりも遥かに上手です。

細かいこと言い出したら、日本の英語の授業なんて受けさせられません。ALT(授業に来てくれる外国人の先生)だって、3人に1人は英語圏の先生ではありません

フィリピン人は英語のスペシャリスト

フィリピンは過去にアメリカ領だった歴史的背景から、たくさんの人が英語を話せます。

「EF EPI英語能力指数(2020)」では、フィリピンは世界で18位の英語力という結果になりました。アジアではシンガポールに継いで第2位です。

EF EPI英語能力指数とは
EF Education First社がまとめている、英語を母国語としない112ヵ国約220万人の英語力を計り、点数化して国別にランキング化したもの。ちなみに日本は112ヵ国中78位で、アジアの中でも中の下。

さらに、2013年にアメリカのGlobal English社が調査した「ビジネス英語指数(BEI)」のランキングでは、フィリピンが堂々の第1位に輝きました。

ビジネス英語に長けているということは、国際的に通用する英語ということです。

公用語が英語

フィリピンの公用語はフィリピン語と英語です。

政府が公用語として英語を認めていることも、フィリピン人の英語力の高さの根拠の一つ。

政府の文書や法律はすべて英語で書かれています。

もはや英語は、フィリピンで暮らしていくためには必須スキルと言えるでしょう。

小学校から大学まで英語を学習している

「日本人もそうじゃん」

と思うかも知れませんが、全然違います。

フィリピンの学校では母国に関するもの(国語・歴史)以外の授業はすべて英語で行われます。

  • 朝から晩まで英語
  • 数学の説明も英語

フィリピンの大手企業では、働くために英語力が必要条件のところが多いため、小学1年生には簡単な会話ができる子が多いです。

厳しい学校だと、英語以外の言葉を使う度にペナルティが課せられることもあります。

生活の中に英語が根付いている

  • テレビの英語番組が多い
  • 広告、標識、看板はほぼすべて英語
  • 洋画は字幕なし

意識しなくても、小さい頃から自然と英語と共に生活しています。

英語を読んだり話したりできないと、得られる情報も娯楽もかなり制限されてしまう文化です。

フィリピン人講師のメリット・デメリット

さて、フィリピン人をオンライン英会話の先生とした場合、どんなメリットやデメリットがあるかを述べます。

【子どものオンライン英会話】フィリピン人講師のメリット

フィリピン人の先生との英会話レッスンにはメリットがたくさんあります。

料金が安い(ネイティブ講師の約半額)

フィリピン人のレッスン料金は、ネイティブ講師の約半分です。

英語が母語ではないというだけで、こんなに安く受講できるのは本当にありがたい。

よくあるのは「フィリピン講師は安い=質が低い」という勘違いです。

フィリピン人講師が安い理由

ズバリ「人件費の安さ」です。フィリピンの平均年収は約48万円、1日当たり1,300円。これは日本の約1/10に当たる水準です。(参考:ILO国際労働機関)
アメリカやイギリスの平均給与が日本より高いことを考えれば、レッスン料金に倍の差が付くのは納得。決して、安かろう悪かろうではありません

ネイティブの先生に2倍払うなら、フィリピンの先生でレッスンを2倍受けることをおすすめします。

明るく、親しみやすい国民性

「うちの子、人見知りが激しくて

知らない大人と話すだけでも緊張するのに、ましてや英語で話すなんて無理!という子も多いと思います。

そんなときに適任なのがフィリピン人の先生です。子どもの扱いがうまい先生が多く、明るくフレンドリーな人が多いです。

フィリピンの国民性

  • 人の繋がりを大切にする
  • オープンな性格でウソがつけない
  • お祭り大好き
  • 時間やお金にルーズ
  • 初対面でも話しかけてくる
  • 自己主張が強く、プライドも高い
  • でも「No」と言われても気にしない

なんだか仲良くなれそうな気がします。

実際に受講してみると、大方こんな感じです。

英語学習者の気持ちが分かる

フィリピン人は英語が堪能ですが、自然と身に付けたわけではありません。

幼少期から、家庭や学校で勉強して英語を身に付けたんです。

これは私たちの子が英語を学ぶときと同じ条件ですよね。同じ道を歩んできたからこそ、何が難しくて、どこでつまずくのか、英語学習者の気持ちを汲んでくれます。

もしあなたがダイエットをするとして、どっちの人からやり方を教わりたいですか。

  • 最初から痩せている人。体重50kg
  • 努力して痩せた人。体重55kg

後者から教えてもらいたいはずです。

英語を非ネイティブから教わることは、とくに子どもにとっては大きなメリットです。

【子どものオンライン英会話】フィリピン人講師のデメリット

デメリットも把握しておく必要があります。

訛りがヒドイ先生もいる

格安オンライン英会話で、発音があまりにもヒドイ先生に2度当たったことがあります。

  • “desk” を「ダスク
  • “You aren’t ~.” を「ユー アレント ~」

などなど。
これを律儀にリピートしてる我が子を見ているのは辛かったです。

子ども専門のオンライン英会話スクールでは研修や採用基準が厳しいところが多く、訛りのヒドイ先生に当たったことはありません。

また、予約前に他の生徒の評価や紹介動画を載せているスクールも多いので、リスクを減らすこともできます。

ネット回線の接続が悪いことがある

極まれですが、フィリピン人の先生が自宅からオンラインしている場合、ネット回線が悪いことがあります。

これも超格安スクールに限ってのことですが、レッスン中に映像や音声が途切れてしまうこともありました。

フィリピンはまだ発展途上の国です。ネット回線等のインフラが日本ほど整っていません

インフラの整った国のネイティブ講師と比べて、少し気になったため取り上げました。

先生がフィリピン人のおすすめ子ども向けスクール3選

フィリピン人の先生の質が高い、格安子ども向けオンライン英会話スクールは以下の通りです。

サービス名
QQキッズ

ワールド
アイキッズ
リップル
キッズパーク
対象年齢3歳~中学生3歳~小学6年生3歳~高校生
税込み価格
(週1回)
月2,980円月2,450円月3,122円
税込み価格
(週複数回)
月30回コース
月10,980円
ゴールド(毎日1回)
10,780円
週5回
月9,953円
講師の国籍フィリピンフィリピンフィリピン
レッスン
可能時間
24時間6:00~21:00平日 7:00~22:55
土日10:00~18:55
予約〆切15分前まで5分前まで45分前まで
キャンセル
〆切
12時間前まで30分前まで4時間前まで
無料体験
回数
2回無料2回無料2回無料
無料体験時
カード登録
なしなしなし
特徴先生全員がTESOL取得で正社員。カランメソッド可。レッスン録画機能あり。先生が日本語対応可。子ども英語コンシェルジュによるサポート。レッスンを兄弟同時に受けていい。初心者向けの『リップル英検コース』あり。
詳細詳細記事へ詳細記事へ詳細記事へ

ネイティブ講師のレッスンを受けられるスクール3選

「それでもネイティブの先生のレッスンを受けさせたい!」という人のために、ネイティブの先生が在籍する子ども向けスクールを3つ紹介。

サービス名Novakid
(ノバキッド)



Cambly Kids
(キャンブリーキッズ)
グローバルステップ
アカデミー
対象年齢4~12歳4歳~15歳3~12歳
税込み価格
(週1回)
プレミアムコース
月13,160円
週1回
10,190円
なし
(最低月8回17,300円)
税込み価格
(毎日)
週7回プレミアムコース
64,120円
週5回
29,190円
月28回
月47,000円
講師の国籍多国籍
(プレミアムコースは
すべてネイティブ)
全員ネイティブ
(8割がアメリカ)
多国籍
レッスン
可能時間
9:00~22:3024時間6:00~22:00
予約〆切30分前まで2時間前まで30分前まで
(空いている先生がいれば)
キャンセル
〆切
8時間前まで直前まで可
(1分前でもいい)
24時間前まで
無料体験
回数
1回無料1回
(500円かかる)
4回無料
無料体験時
カード登録
なし必要必要
特徴プレミアムコースなら毎回ネイティブ講師。講師は全員ネイティブ。アクセントから検索もできる。ネイティブ以外の先生も在籍。予約で取る。
詳細詳細記事へ詳細記事へ詳細記事へ

子どものオンライン英会話はフィリピン人講師で決まり

この記事では、フィリピン人の訛りや英語力について解説しました。

ネイティブの先生に高いお金を払うよりも、フィリピンの先生のレッスン回数を増やした方が遥かに有益です。

この記事の結論

フィリピン人の英語に訛りはある。しかし、子どものオンライン英会話はフィリピン人講師でOK

理由は主に4つ。

  • フィリピン人は英語が上手
  • 明るく、子どもの扱いが上手
  • 世界の英語の3/4はネイティブではない
  • 値段を抑えてレッスン数を増やすべき

フィリピン英語の発音・訛りにあまり神経質にならず、大きい視野でスクール選ぶができると良いと思います。

あわせて読みたい
【2023年最新】子どもオンライン英会話おすすめベスト5【16社比較】
【2023年最新】子どもオンライン英会話おすすめベスト5【16社比較】
記事URLをコピーしました