英検攻略記

【英検ジュニアブロンズ】英語歴半年の5歳が挑戦!幼児は対策必須?

  • 初めての英検ジュニア(ブロンズ)に挑戦させたい!
  • 小学校低学年向けと書いてあるが,難易度はどうなの?
  • ちっちゃい子が受ける場合の注意点を教えて!

子どもに英語を勉強させていると,どれくらい力が付いたのか親として気になるものですよね。かといって,いきなり試験に失敗させて,自信を失うは避けたいところ。

当記事では,わが家の経験から,英検ジュニア ブロンズの難易度・注意点・対策を詳しく解説します。この記事を読めば,英検ジュニア ブロンズの受験に対する不安がなくなります

この記事のまとめ

英検ジュニア(ブロンズ)は,リスニングのみのオンラインテスト

英単語や簡単な挨拶が分かれば受験は可能。
ただし,幼児の場合は英語以外に以下の対策が必要。

  • パソコン操作方法確認
  • 問題の意味を一通り確認
  • 30分間集中できるか確認

高得点を目指すためには,問題集を買うよりも,実践に即した「ラーニング」が安くて効果的

それでは,詳しく見ていきましょう。

元英語教師 & 二児の父
しげる
元英語教師。約1,500人の小・中学生を指導/TOEIC895点/娘と息子で15社のオンライン英会話を有料会員として経験/息子(年長)→英検Jr.シルバー83点(小学5年レベル/娘(小2)→英検4級挑戦中(中学2年レベル)

英検ジュニアとは

英検ジュニアは,1994年に日本英語検定協会が作った児童向けの英検です。といっても,従来の英検とは受け方も内容もほとんど違います

英検ジュニアの特徴

  • 問題はほぼすべてリスニング
  • 合否の判定なし(点数が出る)
  • 小学生向け
  • 3つのグレード(ブロンズ,シルバー,ゴールド)がある

受験方法は3タイプです。

  • オンライン版
  • ペーパー版
  • 学校版

個人で受験する場合はオンライン版一択

学校版は,小学校が大人数をまとめて申し込むものです。
ペーパー版は5人以上の団体のみ対象で,基本は英会話教室などに限られます。

しげる
しげる

どうしてもペーパー版がいいなら,
 近隣の英語教室に聞いてみる
 友達5人で集めて受ける
くらいしか方法がありません

英検ジュニア ブロンズの概要

ここからは,英検ジュニアの「ブロンズ」グレードの,

  • 料金
  • テスト内容
  • 難易度・単語レベル

について説明します。

料金システム

英検ジュニア ブロンズのテストは,オンライン版の場合,2,300円です。
申し込んだ日から3ヶ月以内に受験をすればOK。

WEB上で英検ジュニア対策ができる教材の「ラーニング」も申し込むことができます。

英検ジュニアに完全準拠。勉強やゲームができ,模擬試験240問完備です。

しっかり勉強させてから試験に挑ませるなら,問題集なんか買って来るより断然おすすめです。1日だけ無料体験あり

ラーニングの料金も載せておきます。

フルパック
(ラーニング+テスト)
ラーニング
1ヵ月3,900円2,000円
3ヶ月5,400円3,900円
6ヶ月7,300円6,000円

なお,ペーパー版の場合は2,500円となり,ラーニングとセットにはできません。

ブロンズのテスト内容

大問7つの大雑把な内容です。

大問大問名問題数内容
1絵に合う文は?8問文を3つ聴いて,
絵に合うものを選ぶ
2Yesか?Noか?5問絵を見て,質問に
YesかNoで答える
33ヒントクイズ4問3つのヒントを聴いて,
内容に合った絵を選ぶ
4文に合う絵は?8問
(4問×2)
文を聴いて,その内容に
合った絵を選ぶ
5話に合う絵は?6問
(3問×2)
挨拶などの定型文を聴いて,
内容に合った絵を選ぶ
6みんなに
聞いてみよう
4問会話を聴き,
内容に合った絵を選ぶ
7どうすれば
いいかな?
5問命令文を含む会話を聴き,
内容に合った絵を選ぶ
チャレンジ
コーナー
おまけ
(点数に入らない)
4問質問を聴いて,
自分の考えを選ぶ
英検HPを参考にしています

全部で40問あり,最後の「チャレンジコーナー」は点数に関係ありません。

チャレンジコーナーはおまけ?
最後の4問は「チャレンジコーナー」です。
これには正解・不正解はありません。

例 Do you like music?
⇒Yes かNo の2択
※答えに対して,キャラクターが
 コメントしてくれます

なお,大問6の「みんなに聞いてみよう」はすべて複数回答ありの問題です。
そのため,9問扱いとなります(つまり,点数を決めるときの分母は45問)。

難易度・単語のレベル

ブロンズは,英検ジュニアの中でもっとも初級者向けです。
英検ジュニア シルバーとの比較は以下のようになってます。

ブロンズシルバー
対象年齢小学校低学年(1・2年生)小学校中学年(3・4年生)
大問数7問9問
小問数40問(+4問)45問(+4問)
テスト時間約30分約35分
頻出語句食べ物、動物、色、時や天候、数、
体の部分、乗り物、基本的な動作など
趣味、スポーツ、余暇、店や公共施設、
学校施設や学用品、行事やクラブ活動、
近隣にあるもの、ものの性質や状態を表す言葉、
遊びに関する動作など
頻出表現挨拶、好き嫌い、感謝、依頼、紹介願望、義務、意志、選択、感情、
提案、電話での応答など
シルバーになると,一気に難易度が上がる印象

英検ジュニア ブロンズは小学校低学年(1・2年生)が対象です。しかし,英語を半年以上続けているなら,幼児でもある程度の点数が取れます

ブロンズは,すべてがリスニング問題です。

英検ジュニア ブロンズに出てくる単語の例

・dog(犬) ・apple(りんご) ・paper(紙) ・window(まど)
・ball(ボール) ・fish(さかな) ・new(新しい) 
・bike(自転車) ・cap(ぼうし) ・animal(動物) 

このレベルの単語が入った文章を聴いて理解できる必要があります。

英検ジュニア ブロンズに出てくる表現の例

以下のような内容が出題されます。
「A~Zまで言える」や「英単語が少し分かる」くらいでは,ブロンズの受験は難しいです。

  • あいさつの表現
  • Do you like ~ ?
  • Can you ~ ?
  • I am ~ .
  • What is ~ ?

うちの息子は,5歳でオンライン英会話を半年やってからの受験で82点でした。
半年も英会話やってたら,もっと行けるだろうと思ってましたが甘かったです。

英検ジュニア シルバーの詳細はこちらです。
≫英検ジュニア シルバーのレベルは?┃ブロンズとの比較

英検ジュニア ブロンズを5歳息子が受験してみた

息子が英検ジュニア ブロンズを受けたときのことを書きます。

  • 受験させた目的
  • 具体的な英語学習歴
  • 結果
  • 注意点・やっておくべきだったこと

実体験に即してお伝えします。

受験当時の息子のスペック

◆しゅん。5歳
◆動物,色,果物などの単語OK
◆小文字も分かるがbとdが混乱
◆挨拶の受け答えはできる
◆英語の質問には単語で答えられる
サンプル問題は全部正解できた

結果は82点でした。

オンライン英会話を毎日25分やってたし,サンプル問題が全部できたので,もっと点数取れるものと期待してました。

受験させた目的

どれくらい英語力が付いているか確認するため。これに尽きます。

子どもに英語を習わせていると,あんまり話せてる感じがしないし,本当に力が付いているか不安になるものです。

そこで,英語力を確認するために英検ジュニアを調べました。
英語が読めない&書けないでも受験可能が決め手に。

正直,英検ジュニアで高得点を取ったところで,息子には何のメリットもありません。

幼児・小学生に英語の検定試験を受けさせるのは,親の自己満足のことが多いです。私はまさにそうです。だって,どれくらいできるのか気になるから・・。

あまり結果にこだわらず,詰め込まず,「子どもを褒めるチャンス!」くらいの気持ちで挑戦させたいところです。

ブロンズ受験までの英語学習歴

  • ちゃれんじEnglishを半年(2歳頃)
  • オンライン英会話を半年(年中4月から)

まともにやったのはこれくらいです。

他には英語のCD聞かせたり,英語絵本の読み聞かせを試みたりしましたが,息子が興味を持たずに3日坊主。

半年続けた(?)ちゃれんじEnglish

ちゃれんじEnglishとは,しまじろうで有名な「こどもちゃれんじ(ベネッセ)」の派生でできた英語教材です。2ヵ月に1回,DVDやテキストやおもちゃが届きます。

息子は,DVDが気に入って,何度も見ている内にアルファベットを覚えました。

「これは・・英語に興味を持っている?」

と思ったのも一瞬だけ。
彼は英語にハマっていたわけではなかったようです。たまたまその回のDVDが面白かっただけでした。次回以降のDVDにも他の教材にも一切興味を示さず,退会しました。

しげる
しげる

結果的には,アルファベット覚えたからプラスだと思います

一応リンク貼っておきます。
≫こどもちゃれんじEnglish

オンライン英会話を半年間

息子が5歳になる直前に,アルファベットと英単語が少し分かる程度でオンライン英会話に参戦。

しかも,あまり調べずに,子ども専門ではないネイティブキャンプに入会して半年間(ほぼ)毎日レッスンを行わせました。

「英会話未経験者歓迎」みたいな謳い文句を真に受けて挑戦させた結果,いきなり「What’s your name?(名前は?)」で詰みました。

しかし,なんとか横でフォローしながら根性の毎日受講。

最初から,子ども専門のオンライン英会話があるのを知ってたら良かったです。

≫【厳選おすすめTOP5】子ども向けオンライン英会話【無料体験可】

≫【不安を一撃解決】子どもの初めてのオンライン英会話に必要なものと準備

半年間で,身に付いた英語力は以下の通りです。

6ヵ月のオンライン英会話の成果

  • 会話のやりとりはまだ無理
  • 質問にはたまに単語で答えられる
  • 小文字もわかる(書けない)
  • 先生の英語は6割方理解している

半年のオンライン英会話の効果を詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
≫5歳と6歳の子どもがオンライン英会話を6ヶ月毎日続けた成果┃効果あり?

ちょっと不満が残る82点

息子の英検ジュニア ブロンズの結果は,82点でした。
結果は,テスト後にすぐわかります。

また,下の画像のように,間違えたポイントを詳しく確認できます。

受験後,約1ヵ月半くらいで,「個人成績表」と「成績証明書」が送られてきます。
子どもにとっては,すごくうれしいようです。

今回,82%と合格ラインには達していますが,実はもう少し行けたんじゃないかと思っています。

初めてブロンズを受けた反省点

サンプル問題はほぼできたのに,試験では82点だった理由として,事前の準備不足が挙げられます。

とくに,こういった試験は初めてだったので,英語以外の部分でも確認しておくべきだったと思うことが複数あります。

あなたのお子さんが試験慣れしていない場合,以下の対策をするだけでも少し余裕を持って受験できます。

とくに幼児は対策必須な理由と対策3選

子どもがテスト慣れしていない場合,事前にテストについて確認しておく必要があります。

  • 問題の意味がわからないことがあった
  • マウスの使い方に慣れていなかった
  • 幼児には試験時間30分は長い

それぞれ,事前にできるだけの対策を取って受験できると良いです。以下,解説します。

問題の意味がわからないことがあった

各大問に対して,答え方がいまいちよく分かっていない場面がありました
サンプル問題のときには答え方を教えながら進めてしまったのが原因です。

もちろん説明は書いてあるのですが,それに期待せず,あらかじめどういう問題があるのかを理解させておきましょう。

問題の意味がわからない!の対策

サンプル問題を何度か繰り返し,親の説明なしで進められるように繰り返し練習

マウスの使い方に慣れていなかった

パソコンならではの問題点です。タブレットであれば,答えをタップするだけでOK。

マウスを使うというだけで,小さい子の意識はだいぶ持って行かれます。
細かい操作はかなり難しい上に制限時間があるのが非常にやっかいです。

サンプル問題は回答時間に制限がなかったため油断していました。しかし実際は,各問題に制限時間があります音声が流れたあと,約7秒です。

マウス操作に手間取っていると,あっというまにタイムアップ。

実際に,息子は第6問は時間切れになりました。

時間内に答えられた問題も,あせって答えないといけないのが厳しかったです。

マウスの使い方に慣れていない!の対策

小学1・2年生くらいなら問題ないと思います。
しかし,お子さんが幼児の場合は要注意。

タブレットで受験させるか,問題を解くときに制限時間を設けて練習する癖をつけることが必要。

しげる
しげる

選んだ解答を親がクリックするのもあり
(間違いの場合「え,これ?」とか言いたくなる)

幼児には試験時間30分は長い(集中力の練習)

ブロンズの試験時間は約30分です。
ずっと集中できますかね。

うちの息子は無理でした
リスニングがどんどん流れてくるのに,

しゅん
しゅん

ねぇ,まだやんの?
もうおわりでいい?

って後半ずっと言ってました。

毎日オンライン英会話を25分ずつやっているとはいえ,問題を解くのとは勝手が違います。
小学生と違って,ずっと静かに座っている経験のない幼児には,それだけで苦行でしょう。

集中力がもたない!の対策

模擬試験を繰り返して30分に慣れさせることもできますが,おすすめしません。精神的に未熟なうちに長時間集中を強いるのは,英語が嫌いになるリスクがあるからです。

集中力を持続する対策よりも,集中力が少し途切れても大丈夫なくらい英語力を伸ばす方に注力するつもりでいる方が生産的だと思います。

とはいえ,30分がどれくらい長いのか,事前に一度は体験させておくと良いでしょう。

英検ジュニア ブロンズの効率的な勉強法

英検ジュニア ブロンズで80%以上の高得点を目指すためにやっておきたい学習方法を紹介します。

基本単語を覚える

英検ジュニアで大事なのは,なんと言っても単語力です。すべての問題は選択問題で,単語さえ分かっていれば,ほとんどの問題が正解できます。

単語は基本的なものです。具体的には,Kaori HanaoさんのYouTubeを観るとよいです。
1分くらいの動画を5つ貼っておきます。目を通してみてください。

この他には,

  • 動物
  • 乗り物

辺りがわかると高得点が近づきます。

「ラーニング」はすべてを解決

最適解は,オンラインで学べる「ラーニング」です。

ラーニングとは,英検ジュニアに特化したゲーム感覚の学習教材
英検ジュニアのための英語学習だけでなく,問題や操作方法に慣れることができます。

困ったらラーニングで万事OK

  • ドリルで学習して,ゲームで確認
  • ゲームでは,間違えた問題が優先的に出る仕様
  • 模擬テスト240問搭載
  • 1ヵ月2,000円から(1日無料体験あり)

これひとつで悩みが全解決するという優れもの。
ヘタに問題集買うよりコスパもいいし,何より実践的です。

ラーニングで勉強してからテストを受けるのが理想的ですね。

しかし・・
うちの息子は1日無料体験で飽きてました

しゅん
しゅん

たのしいけど,きょうはもうやんない!

ラーニングについてはこちらからどうぞ。
≫英検ジュニア オンライン学習1日無料体験

1日経っても勝手に自動継続にならないので安心ですよ。

英検ジュニア ブロンズのまとめ

子どもの英語力がどれくらい育っているか確認するのに持ってこいの英検ジュニア。
そしてその登竜門・ブロンズ。

本記事では,英検ジュニア ブロンズについて,息子の体験を含めて詳細に解説してきました。

  • 英検ジュニア ブロンズは,すべてリスニングの問題
  • 挨拶や身の回りの英単語ができると高得点を狙える
  • 幼児の場合は,英語力+αが必要
  • 試験対策は,オンラインの「ラーニング」がベスト(1日無料体験あり)

お子さんが英語を習っているなら,力試しに挑戦してみてください。

合わせて読みたい