不安や疑問

【1年続けても効果なし?】子どもオンライン英会話を5歳・6歳で検証した結果

  • オンライン英会話って子どもに効果あるの?
  • オンライン英会話を続けてるけど成長を感じない
  • 英会話教室からオンライン英会話に替えようか検討している

低価格でいつでも世界中の人とレッスンできる夢のサービス・オンライン英会話。

しかし「オンライン英会話は意味がない」「何ヵ月もやらせてるけど効果が感じられない」と、効果に疑問を持つ声があることも事実です。効果がわからないなら、お金も時間も使いたくありませんよね。

そこで本記事では以下の2点をまとめました。

    後まで読めば、お子さんの英語学習について理解が深まり、1年後・2年後の成長に差ができますよ。

    この記事の結論

    オンライン英会話はアウトプットに最適のシステム。レッスン中はずっと自分の番なので、学習効果も高い

    うちの子がオンライン英会話を1年間受講した結果、

    • 5歳から始めた息子は英検Jr.シルバー83%
    • 6歳から始めた娘は英検4級に挑戦中

    効果が出ない場合は原因があり、受講の仕方に工夫が必要

    \すぐに1年間の成果を見たい場合はこちら/

    おすすめの子どもオンライン英会話は下の記事を参考にしてください。

    元英語教師 & 二児の父
    しげる
    元英語教師。約1,500人の小・中学生を指導/TOEIC895点/娘と息子で15社のオンライン英会話を有料会員として経験/息子(年長)→英検Jr.シルバー83点(小学5年レベル/娘(小2)→英検4級挑戦中(中学2年レベル)

    オンライン英会話に過度な期待は禁物

    私の2人の子どもは、オンライン英会話を平均週6回✕1年間続けてきました。

    オンライン英会話を1年間ほぼ毎日やれば、英語ぺらぺらになるだろうと私は考えていました。

    • 英語にかなりの時間触れ合うことになるし、
    • 子どもの言語の吸収はすごいらしいし、
    • ネットでバイリンガルキッズとかよく聞くし。


    しかし、着実に力がついているとは言え、英語ペラペラにはまだ遠いです。

    冷静に考えると、1レッスン25分なので1年間毎日やっても150時間程度です。

    赤ちゃんが毎日10時間くらい親の言語を聞いているとしたら、約2週間分しか英語に触れてません。

    また、中学校では英語の授業は年間約115時間(50分×140コマ)です。
    中学入学からの1年ちょっとの英語力なんて、たかが知れてます。

    しげる
    しげる

    日常会話習得まで、2年は見たいです

    オンライン英会話は、英会話教室や学校の授業と比べても、確実に成果に繋がっています。
    レッスン中はすべて自分の子の番というメリットが大きいです。

    たった1年で、

    • 5歳から始めた息子は英検Jr.シルバー83点
    • 6歳から始めた娘は英検4級合格まであと一歩

    というところまで成長しました。

    オンライン英会話と英会話教室の違いは下の記事で詳しく解説しています。
    ▷オンライン英会話vs英会話教室【メリット・デメリット】

    5歳の息子がオンライン英会話を1年間続けた効果

    1年間で息子ができるようになったことを解説します。

    差がわかるように、以下の順で解説します。

    オンライン英会話開始時の息子の英語力(5歳)

    開始時は5歳(年中)です。
    年少時代に「こどもチャレンジEnglish」に申し込みましたが、まったく食いつかずに半年で解約。

    アルファベットの大文字はチャレンジEnglishで覚えました。

    息子のスペック(開始前)

    • 読む力 – Reading
      ー AからZまで、だいたいわかる。
      ー 小文字は無理。
    • 書く力 – Writing
      ー まったく書けない
    • 話す力Speaking
      ー 先生 “What’s your name?”
        息子 “・・・Yes.”
        先生 “How are you?”
        息子 “・・・?”
    • 聴く力 – Listening
      ー 簡単な動物や色は分かる。
      ー 茶色や紫は分からない。
      ー 先生 “Do you like dogs?”
        息子 “ドゥユ ライク ドッ?”
       (とりあえずリピートする)
    • その他
      ー 外国人の先生に動じない。
       (反応が薄いだけ?)
      ー あんまり英語に興味ない。


    まさに平均的な5歳児の実力……!

    今後の成果が参考になると思います。

    しゅん
    しゅん

    えいごむずかしい

    しげる
    しげる

    初回は緊張で(?)ほぼ何も言わなかったです


    初回レッスン後に、

    • What’s your name?(名前は?)
    • How are you ?(元気ですか?)

    の答え方だけ教えました。

    初オンライン英会話前の準備や子どもに教えておきたいことは下記の記事を参考にしてください。
    ▷子どもの初めてのオンライン英会話に必要なものと準備

    半年間のオンライン英会話を経た息子(5歳半)

    もっともわかりやすい成果は、英検Jr.(旧・児童英検)のブロンズで82点を取れたこと。

    また、先生の英語をマネしてきたため、そこそこきれいな発音が身につきました

    英語で言えるものも増えています。

    息子の成長(6ヵ月後)

    • 読む力 – Reading
      ー 小文字も分かる。
      ー d と b 等の違いは分からない。
      ー 超簡単な単語なら少し読める。
    • 書く力 – Writing
      ー 小文字を間違いつつ書ける。
      ー 単語は何も書けない。
    • 話す力Speaking
      ー いい発音が身についた。
      ー 挨拶や名前等の受け答えは余裕。
      ー 単語でなら質問に答えられる。
      ー 先生 “What did you do today ?”
        息子 “Play piano! “
      ー 先生 “What time did you get up?”
        息子 “・・・・・・?”
    • 聴く力 – Listening
      ー 英検Jr.ブロンズで82点取れた。
      ー 指示は6割ほどしか理解してない。
    • その他
      ー 対外国人は完全に慣れた。
      ー いろんな国の旗を覚えた。

    会話らしい会話はまだ無理です。

    次は、さらに半年後を見てみましょう。

    オンライン英会話開始から1年後の息子の実力(6歳)

    英検Jr.ブロンズから半年かかりましたが、英検Jr.シルバーで83とれたのが収穫。

    会話はよくあるやりとり(食べたもの、好きな物など)しかできない。

    わからないときには

    • I don’t know.(わからない)
    • One more time, please.(もう一回言って!)

    などと言えるのが成長。

    なんでもかんでも、It’s a ~. と言う癖がついているのが欠点。

    息子の成長(1年後)

    • 読む力 – Reading
      ー 小文字も分かる。
      ー 3文字の単語なら読める。
       (時間がかかる)
    • 書く力 – Writing
      ー 小文字がほぼ書ける。
      ー 単語は書けない。
    • 話す力Speaking
      ー 質問がわからないと黙る。
      ー “It’s a ~.” で答えがち。
        先生 “What did you do today?”
        息子 “It’s a play game.”
      ー 先生 “How old is your sister?”
        息子 “It’s a 7 years old.”
    • 聴く力 – Listening
      ー 英検Jr.シルバーで83点取れた。
      ー 珍しい質問は聴き取れない。
    • その他
      ー 質問の意味がわからないと黙る。
      ー レッスンに飽きるとすぐ寝る。
    しげる
    しげる

    英検5級受験はまだ遠いです

    6歳の娘がオンライン英会話を1年間続けた効果

    1年間の娘の成長を紹介します。

    以下の順で解説します。

    オンライン英会話前の娘の英語力(6歳半)

    開始時は6歳(小学1年生)です。

    年中のときから週1回、地元の英会話教室に通っていました。
    なので、文字と音を少しわかっています。

    英会話教室は2年間通ったのですが、ほぼ効果が感じられずにオンライン英会話に移行しました。

    娘のスペック(開始時)

    • 読む力 – Reading
      ー a→ア、b→ブ、などがわかる。
    • 書く力 – Writing
      ー 大文字は一通り書ける。
      ー 小文字は書けない。
    • 話す力Speaking
      ー 名前や挨拶のやりとりは可。
      ー その他のやりとりは無理。
    • 聴く力 – Listening
      ー 色、動物、野菜は分かる。
    • その他
      ー レッスンを面倒臭がる。
      ー 英語がわからないと固まる。


    英会話教室に2年も通ったのに「なんの食べ物が好き?」にも答えられませんでした。

    それもそのはず。娘の英会話教室は8人のグループレッスンでした。
    8人だと自分の話す番なんてほとんど回って来ません。

    子どもにとってオンライン英会話と英会話教室の違いはこちらの記事を参考にしてください。
    ▷オンライン英会話vs英会話教室【メリット・デメリット】

    まり
    まり

    ともだちみんなといっしょがよかった・・

    半年間のオンライン英会話で娘が身につけたこと(7歳)

    もっともわかりやすい成果は、英検5級に合格できたことです。

    文法は教えてませんが “They are pens.” と “It’s a pen.” の違いを理解できています。すごい。

    会話は1問1答しかできませんが、先生との相性によっては2~3回ラリーが続く場面も見られました。

    娘の成長(6ヵ月後)

    • む力 – Reading
      ー 初見の単語を7割方読める。
       (意味は分かってない)
    • 書く力 – Writing
      ー 超簡単な単語なら書ける。
       (書く練習はしてない)
    • 話す力Speaking
      ー 質問に簡単な文で答えられる。
      ー 慣れてない質問には黙る。
    • 聴く力 – Listening
      ー 英検5級の聞き取りは90%以上。
      ー 先生の指示はほぼ分かる。
       (ジェスチャー込みなら)
    • その他
      ー たまに英語の先生ごっこをする。


    また、好きな食べ物(そうめん)や好きなテレビ(プリキュア)は文化的に伝わらないことに気づいたのも嬉しい成長です。

    妥協して “I like fish.(魚)” や “I like Disney movie.(ディズニー映画)” などと言ってます。

    オンライン英会話歴5か月を越えた辺りで、英語で何かブツブツ言ったり、オンライン英会話ごっこをし始めました。

    しげる
    しげる

    積み重ねが生きています

    オンライン英会話開始から1年後の娘の実力(7歳半)

    英検4級合格まであと一歩という感じです。

    文字にも慣れてきて、よほど変な単語でない限り、初めて見た単語でもほぼ読めます(意味がわかるかは別の話ですが)。

    ただ、文法を教えていないので平気で “He is play soccer.” などと言ってしまいます。

    会話はスムーズではないし、英語で言えない表現ばかりですが、先生とのコミュニケーションで困ることが減ってきました。

    娘の成長(1年後)

    • む力 – Reading
      ー 初見の単語をほぼ読める。
       (意味はともかくとして)
      ー つっかえながら長文が読める。
    • 書く力 – Writing
      ー 簡単な単語なら書ける。
       (書く練習はしてない)
      ー 発音から予測して書く。
       (ローマ字みたくなる)
    • 話す力Speaking
      ー 慣れない質問も凌げる。
      ー 細かい手札が増えた。
    • 聴く力 – Listening
      ー レッスンで困ることはない。
      ー 英検4級の聞き取りは70%。
    • その他
      ー レッスン中にたまに寝る。
      ー ウケを狙いに行きがち。
    しげる
    しげる

    「何でこんな表現知ってんの?」と驚くこともあります

    オンライン英会話で効果が出ない原因4選と対処法

    オンライン英会話を続けているのに、効果をあまり感じられないという人もいます。

    外国人の先生とのレッスンに期待が大きすぎることがあります。
    半年から1年も続ければ日常会話くらいなら話せると思っているパターンです。

    日本人が中学1年~高校3年までの6年間かけても英語をほとんど話せないことを考えると、毎日25分×1年くらいでペラペラにならないのはわかると思います。

    とはいえ、子どもの英語の上達がほとんど見られない場合には、以下の原因が当てはまる場合が多いです。

    子どもの頑張りを成果に繋げるために、避けたいところです。

    子どもに合わないスクールを続けている

    オンライン英会話スクールと子どもの相性は最重要。

    スクールによって、特徴やレッスン内容がまったく異なるからです。

    現にうちの娘は、試しにやってみたグローバルステップアカデミーで読む力がグングンつきました。

    どのオンライン英会話を選ぶかは大切です。
    もし、今うまくいっていないと感じるなら、乗り換えを検討するタイミングかも知れません。体験自体は無料なので、ノーリスクです。

    おすすめの子どもオンライン英会話はこちらの記事を参考にしてください。

    具体的な目標設定をしていない

    子どもの英語学習には、必ず具体的な目標を設定してください。

    もしあなたの立てた目標が

    • 受験で困らないくらい
    • 旅行で不自由ない程度

    というものであれば、具体性が足りません。
    どうしたら達成か曖昧だからです。

    達成基準が曖昧だと、今どれくらい進んでいるかわかりませんし、これからどうすればいいかわかりません。

    マラソンに例えるなら、ゴールの位置も残りの距離もわからず走り続けるようなものです。

    とはいえ、いきなり具体的な目標と言われても難しいですよね。

    英会話力なんて、点数では表せません。

    そこで提案したいのは

    英検を目標にすること

    です

    英検を目標にするメリットは、スモールステップで成長が可視化できることです。
    また、読む・書くの練習も必要になるので、聴く・話すに偏らなくなります。

    しげる
    しげる

    わが家では小学生で英検準2級を取ることを目標にしています

    英検対策向けのオンライン英会話はこちらの記事でまとめてます。
    ▷【小学生向け】英検対策ができる子どもオンライン英会話

    オンラインレッスン以外は英語学習なし

    予習・復習を必ずさせましょう。
    レッスンのやりっ放しでは上達に時間がかかります

    「忙しくて時間がない!」
    「英語は苦手だから教えるの無理」

    という声が聞こえてきそうですが、安心してください。

    • レッスン前に、今日やる内容の確認
    • レッスン後に、今日やった内容の確認

    を行う程度です。
    ほとんどのオンライン英会話では、レッスン時以外にもテキストを見ることができます。

    予習・復習はレッスンの前後1分でも、継続することで効果を得られます。
    「毎回」「一緒に」やることで、レッスン内容を身に付ける意識を持たせてください。

    しげる
    しげる

    がっつり予習・復習したいなら、宿題のあるスクールがおすすめ

    宿題のあるおすすめスクール

    ※リンクは体験談記事に飛びます。

    レッスン頻度が少ない

    英語に触れるのが週に1回25分では、成果はなかなか目に見えません。

    オンライン英会話を中心として、なるべく週3回以上英語に触れさせるのが理想です。

    なぜなら、言語学習はスポーツや楽器の習得と同じで、技能的側面が強いからです。回数を重ねて慣れていく必要があります。

    テニスで例えてみましょう。

    週に1回では、1年後・2年後の実力はたかが知れています。
    週に1回というと、部活動なら幽霊部員レベルです。幽霊部員では卒業までに上達することは難しいですよね。

    できれば週5回以上、最低でも週3回レッスンができると、定着が目に見えてきます。

    毎日レッスンの最安値はkimini英会話。月6,028円。
    ▷kimini英会話の小学生コースの口コミ【幼児も可】

    家族や兄弟も受けるならネイティブキャンプ。月6,480円(以降、1人追加ごとに+1,980円)。
    ▷ネイティブキャンプを子どもが6ヵ月続けた感想

    1年間のオンライン英会話を振り返って

    この記事では、うちの子の1年間の成果を例として紹介し、子どもにオンライン英会話が効果的かどうか解説しました。

    以上、うちの子のオンライン英会話1年間の効果でした。参考になるとうれしいです。

    おすすめ子どもオンライン英会話はこちらの記事で紹介しています。



    合わせて読みたい